SMAP解散説再浮上! レコード会社の"身売り"現実に!?
(11/11)

かねてよりウワサのあった老舗レコード会社「ビクターエンタテインメント」の売却が4日、明らかになった。

同社にはサザンオールスターズやジャニーズのSMAPなど人気アーティストが多数所属しているが、この売却劇は以前から解散がうわさされているSMAPにとって大きな転機になりそうだという。「リアルスポーツ」が報じている。

報道では、他のレコード会社など複数の相手に売却を打診中だが、その中でも、コナミが最有力候補──などされていた。

同社の親会社の「JVC・ケンウッド」は同日、「報道されたような事実はない」とのコメントを発表。しかし──

「ビクターは夏ごろ、『ゴールデン☆ベスト』というタイトルで、青江三奈、アン・ルイス、野沢直子など大量の旧譜をリリースしている。

まるで在庫一掃セールのようで、売却話の信ぴょう性は高い」(音楽ライター:リアスポ)

ちなみに同社では、酒井法子の「──ベスト」も発売予定だったが、覚せい剤での逮捕を受けて発売中止となっている。

さて、このビクターで2トップとして君臨しているのが、サザンとSMAPだ。

「2組はどこのレコード会社もほしがる逸材。"移籍金"はかなりの金額になりそう」(前同)

というが、サザンは今年から活動休止中。SMAPはグループの存続自体が危ういという。

「SMAPはおととしの秋、エイベックスへの移籍がうわさされたことがあるが、実現しなかった。

その理由は、グループとしての活動および楽曲のリリースに意欲的ではなく、メンバー5人がソロで映画出演を中心にこなしていきたかったから。

エイベックスは自社で映画製作をしているため、それでも話はまとまりかけたが、結局のところ、諸条件が合わずに流れた」(同)

以前は積極的にグループとしての活動を展開したSMAPだが、2007年以降、シングルはわずか4曲しか発売しておらず、昨年9月発売のアルバム「super.modern.artistic.performance」の売り上げは全盛期にはほど遠い約26万3,000枚だった。

「アーティストとしての人気はすでに事務所の後輩の嵐の方が上。

制作費の大幅カットの関係でフジテレビの『SMAP×SMAP』の打ち切りが濃厚。スマスマとビクターの件は解散のいいきっかけになったのではないか。

今年記念すべき60回の紅白歌合戦のトリをつとめて解散発表、というサプライズ計画も浮上しているらしい」(芸能プロ関係者)

またもやSMAPに解散説が飛び出すことになったようだ。(淺川)


関連ニュース
ジャニーズ事務所が元SMAP3人に圧力! 独占禁止法違反で公取委が注意勧告!
元SMAP3人主演映画「クソ野郎と美しき世界」が惨敗!? 厳しい客入り状況!
元SMAP3人の新事務所、ファンクラブ設立で早速5億円以上の売上!
元SMAPの3人がジャニーズ事務所退社で独立へ! 中居正広だけ残留!
SMAP慰労会に森且行参加! 木村拓哉ハブって5人で開催!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
SMAP
【キーワード】
リアルスポーツ SMAP ジャニーズ ビクターエンタテインメント 紅白歌合戦 発表 関係 映画 解散 リア 人気 売却 移籍 発売 レコード会社 紅白歌合戦視聴率
【ニュースカテゴリ】
ジャニーズ エンタメ
出産 破局 離婚 失言 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau