河本準一母の生活保護不正受給を吉本も認めた! 懲役刑の可能性も!
(04/25)

先日発覚した人気芸人Aの母親が生活保護費の不正受給をしているという疑惑。
一部ゴシップ誌がAの正体を次長課長・河本準一(こうもとじゅんいち=37)であると報じたことからネット上は大盛り上がり。
「家族に養える能力があるやつに生活保護なんて許すな」
「金があるなら自分の親ぐらい養え」
「税金使ってんじゃねーよクズが」
といった声が次々と上がり、河本に対する批判が膨れあがっている。

同疑惑に対し所属事務所の吉本興業は
「お笑い芸人という職業柄、将来、いつ仕事がなくなるかわからないために、しっかりと貯蓄をしておきたいという考え方もあるようです」
とコメント。
河本が関わっていることを暗に認めていた。

そんな中で『税金と保険の情報サイト』が同疑惑について解析。
河本親子が刑事責任を追求される可能性もあると報じている。

個人の生活を維持する最終手段である生活保護。
簡単に受給できるものではなく、親族の扶養義務が優先される。
もちろん河本の場合も「絶対的扶養義務」があるはず。
これを正当な理由なく扶養しない場合、"不法行為"にあたるのだ。

縁を切るほど不仲な場合は扶養しない正当な理由として認められることもあるのだが、河本と母親の関係は良好なはず。
著書『一人二役』にも二人の仲の良さはつづられている。

それではなぜ河本は扶養義務を逃れることができたのだろうか。
理由として福祉事務所に調査権限などがないことがあげられるという。
扶養義務を確認する通知書が空欄で届いたとしても、福祉事務所はこれを独自に調査できないというのだ。

しかし同疑惑は週刊誌に取り上げられるなど、大きな問題となっている。
そのため、河本親子が刑事責任を追求されることも大いに考えられるという。

「収入があったにもかかわらず、生活保護費を受け取っていたのであれば、母親は不正受給により刑事罰の対象となる。
また河本自身もこれに加担したのであれば、共同正犯や教唆などの罪を問われる可能性も高い。
生活保護法の罰則規定によると、罰則は3年以下の懲役または30万円以下の罰金となっている。」(税金と保険の情報サイトより引用)

河本本人は同疑惑について一切言及せず、口を閉ざしたまま。
ツイッターでも全く触れていない。
しかし紹介文は
「Twitterの意味自体を把握してない人は今後一切見なくていいなぁ。
その生き生きとしたパワーをもっと他の事で使えばいいのになぁ。じゅんを。
人の嫌な事を生きがいにしてる人達がどうか無くなりますようになぁ。ビオフェルミンの瓶の中の。」
との文章に書き換えられていた。
これはツイッターに直接意見を求める人へのメッセージに見えなくもないが…。

果たして河本は同疑惑についてどう思っているのだろうか。
そろそろ生の声が聞きたいところである。(今井)


関連ニュース
吉本芸人がテレビから消える!? 相次ぐ不祥事で「吉本離れ」進む
河本準一 キャスティング候補から外される! 値段のつかないタレントへ…
河本準一 生活保護費850万円を返還! 貯金ギリギリで大ピンチ!?
河本準一 人気番組降板でもう後がない!? 相方・井上聡まで干され始めた・・・
河本準一 仕事激減も一生安泰!? 生活保護はありえない!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
河本準一
【キーワード】
河本準一 次長課長 生活保護 不正 懲役 ツイッタ 保険 芸人 事務所 疑惑 母親 刑事 情報 理由 河本
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau