生田斗真 3年ぶり連ドラ主演決定! 四万十川舞台に男女7人の群像劇!

ジャニーズ事務所所属の俳優・生田斗真(いくたとうま=27)が、10月スタートの新ドラマ『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』(フジテレビ系)で主演を務めることが28日、分かった。

同作は、四万十川の景色が美しい高知県を舞台に、将来への夢と不安を抱く男女7人の姿を描く群像劇。
脚本は『僕の生きる道』や『フリーター、家を買う。』(ともにフジテレビ系)などで知られる橋部敦子、演出は『ストロベリーナイト』や『謎解きはディナーのあとで』(ともにフジテレビ系)を手掛けた石川淳一が担当する。

生田が演じるのは、派遣切りに遭い、7年付き合った彼女とも破局してしまった青年・小平丈太郎。
実家に戻るも役所勤めの堅実な弟がいて居場所が無く、偶然インターネットで「地域おこし協力隊」の募集を見つけ、縁もゆかりもない高知県四万十市での再出発を決意するという役どころだ。

2009年放送の『魔女裁判』(フジテレビ系)以来、3年ぶりの連ドラ主演となる生田は、
「地方都市を題材にした群像劇は名作がたくさんあるので、そういった素晴らしい作品を僕らの年代でも作れるという証にしたい」
と意欲十分。
同作は就職氷河期世代を生きる20〜30代、いわゆる「ロストジェネレーション」のリアルな問題にスポットを当てているだけに、
「悩みや不安を抱えた人に寄り添いながら"一緒に立ち上がって行こう"と後押しできるドラマにしたい」
と語っている。

ヒロインには真木よう子(まきようこ=29)の起用が決まり、そのほかにも国仲涼子(くになかりょうこ=33)、桐谷健太(きりたにけんた=32)、香椎由宇(かしいゆう=25)、柄本佑(えもとたすく=25)、木村文乃(きむらふみの=24)といった演技派がズラリ。
同作の成河広明プロデューサーは、
「彼らが自らの壁、悩み、夢などと向き合う姿を真摯に描く、現代の群像劇を制作したいと思いました」
と制作意図を明かし、豪華俳優陣の演技にも大きな期待を寄せている。

新ドラマ『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』は、10月から毎週火曜午後9時より放送。(伊原)


関連ニュース
生田斗真、弟の離婚報道と裏腹に清野菜名と結婚へ!?
生田斗真の知られざる過去と苦労! 山下智久にライバル心剥き出しになる理由!?
岡田将生が生田斗真を出禁扱いのワケ! 歪んだ人柄を敵視する声多数!
生田斗真といきものがかり・吉岡聖恵が熱愛か!? 大物カップル誕生へ!?
ジャニーズ勢ほぼ独占! 女性が支持する男優ランキング発表! 1位に輝いたのは…
注目ワード
【人物】
生田斗真
【キーワード】
生田斗真 真木よう子 新ドラマ 主演 フジテレビ フジ 生田 演技 放送 人生 高知県 不安 テレビ ドラマ 俳優 生田とうま 生田とおま 生田とーま いくたとうま
【ニュースカテゴリ】
ジャニーズ エンタメ
出産 破局 離婚 失言 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau