北川景子悪夢ちゃん」のセリフ覚えられず収録延期させていた!

今月13日より放送中の北川景子(きたがわけいこ=26)主演ドラマ『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)。
視聴率は初回13.6%、その後第2話では10.7%とやや低調気味に推移しているが、視聴者からの評判は「意外と面白かった」と、まずまず良好のようだ。

そんな『悪夢ちゃん』の撮影で、当初5話分の収録を行う予定が、ある事情によって2話分しか収録できなかったというトラブルが起きていたことが分かった。
『女性自身』が報じている。

「10月9日のことでした。この日は2〜6話分の5話分のシーンを撮影する予定だったのですが、北川さんの体調不良ということで急遽、2話分だけか撮影できない事態になったのです。
前日の夜に制作会社から各事務所に連絡があって『北川さんの体調が悪く、台詞覚えが間に合わないから』との説明だったそうです。
前夜になって突然のスケジュール変更に、関係者は調整に大慌てでした」(原文ママ ドラマ関係者:週刊女性)

『悪夢ちゃん』は北川扮する腹黒教師・武戸井彩未と、木村真那月(きむらまなつ=11)扮する転入生・"悪夢ちゃん"こと古藤結衣子が中心となって未来に立ち向かっていく物語。
武戸井は明晰夢を、"悪夢ちゃん"は予知夢を見ることができ、そのことが作品に深く関わっていると言えよう。

謎多き"夢"をテーマにした作品というだけあってか、北川に与えられるセリフは長く難解なものが多い。
2003年のデビュー以来、女優として確実にキャリアを積んできた北川だが、今回ばかりは重圧が堪えたようだ。

「北川さんは、別のドラマでも本番直前まで台本にかかりっきりで、なかなか楽屋から出てこられないこともあったそうです。ただ、本人は、今回の役柄は"ハマリ役"だと喜んで、とても意気込んでいました。しかし、気持ちとは裏腹に台詞をスムーズに覚えられず、焦りが募ってしまったようです。今回の台詞の長さや、難しさについては番組スタッフからも、北川さんを心配する声が上がっていました」(同)

そして急遽2話分のみの収録となった撮影当日、北川はかなり疲れた様子で「本当にごめんなさい」と頭を下げていたという。

「北川さんは、制作発表の会見で『台詞が難しいし量も多くて、夢の中にまで出てきます。毎日、手に汗を握りながら目覚めるんです』と冗談ぽくボヤいていました。でも、まさか彼女の"悪夢"が"正夢"になるとは思ってもいませんでした」(同)

「台本を早く覚えなければ」というプレッシャーに加え、番組宣伝に出演する都合でスケジュールもギッシリ。
『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』(TBS系)以来1年9ヶ月ぶりの主演ドラマは、北川にとって勝負の一作となりそうだ。(高橋)


関連ニュース
DAIGOの業界内評判が高い理由! 妻・北川景子の売り込みをしている!?
北川景子主演の「家売るオンナの逆襲」がYoutuber批判!? 企画パクった上で嘲笑!?
北川景子の"裏の顔"に驚きの声! 見た目からは想像つかない一面とは!?
前田敦子と北川景子が共演NG!? 不仲説の真相とは?
北川景子が「SNSの写真加工がくだらない」発言で賛否の嵐!
注目ワード
【人物】
北川景子
【キーワード】
北川景子 悪夢ちゃん 視聴率 延期 セリフ 関係 北川 視聴 主演 関係者 女性 北川景子ブログ 北川けいこ
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau