スマイリーキクチさんブログ炎上で、脅迫容疑などで6人を書類送検―警視庁
(03/27)

お笑い芸人のスマイリーキクチさん(37)がブログでいわれなき中傷を受け続けていた事件で、警視庁捜査1課は27日、名誉棄損の疑いで埼玉県戸田市の会社員の男(36)ら男4人を、脅迫の疑いで同県入間市の工員の男(36)ら男女2人を書類送検した。

同課によると、6人はいずれも容疑を認め、「(スマイリーキクチさんが)殺人事件にかかわっていたというほかの人の書き込みを見て、許せないと思いやった。ウソだと知り、申し訳ないことをした」などと反省している。“炎上"と呼ばれるブログへの書き込みをめぐる一斉摘発は異例という。

同課の調べによると、6人は昨年4月上旬から8月中旬の間にそれぞれ数回にわたり、自分の携帯電話やパソコンからスマイリーキクチさんのブログに「殺人事件関係者と思われる人物」「あんた殺人犯、死ねば」などの事実無根の中傷で名誉を棄損したり、「生きる資格ない。パンチくらわす」「お前を狙っているのたくさんいるぜ。死ね」などと脅迫したりする書き込みをした疑いがもたれている。

スマイリーキクチさんをめぐっては約10年前からインターネットの掲示板で、東京都足立区で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件に関与したとの虚偽の書き込みが始まり、ブログも悪質な書き込みが殺到する“炎上"の被害にあっていた。

同課は書き込みを特定していた十数人から事情を聴いていたが、書き込み内容が悪質だった6人を書類送検した。すでに別の1人を脅迫容疑で書類送検しており、立件されたのは計7人となった。

スマイリーキクチさんのブログには、警視庁が今年2月に悪意の投稿者の集団立件の方針を明らかにしてから、「私もインターネット上で誹謗(ひぼう)された」「泣き寝入りするしかないと思った」「削除依頼を出すことしかできず、悔しい思いをした」など、同じような中傷に悩む人たちから3000件を超える書き込みが相次いだ。

警察庁によると、昨年1年間に警察に寄せられたサイバー犯罪に関する相談は前年比12%増の8万1994件。このうち、ブログなどで中傷されたという被害は1万1516件で、初めて1万件を超えた。

スマイリーキクチさんのブログに寄せられた投稿の多くにも、「今回の摘発をきっかけに、ネットでの誹謗中傷がなくなるように」などという願いも書き込まれていた。

匿名性に乗じて広がるネットの暴力。識者からは「今回の摘発が歯止めになれば」と期待の声が上がっているが、さて…。(松野)


関連ニュース
殺人犯扱いされたスマイリーキクチ激励の嵐! 誹謗中傷した人に苦言!
スマイリーキクチ、悪質な誹謗中傷を乗り越え結婚! 「幸せな家庭を築きたい
中傷被害のスマイリーキクチ、「ご心配をおかけしました」とブログで心境を告白
ブログ炎上で18人が立件へ!被害芸人スマイリーキクチ
注目ワード
【人物】
スマイリーキクチ
【キーワード】
スマイリーキクチ ブログ ブログ炎上 女子高生コンクリート詰め殺人事件 書類送検 警視庁 警察 脅迫 殺人 殺人事件 送検 容疑 中傷 炎上 事件
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau