「JIN-仁-」最終回は視聴率25.3%!! キムタクを抜き民放連ドラで今年最高!!
(12/22)

20日にTBS系で放送された、大沢たかお(41)主演の連続ドラマ「JIN-仁-」の最終回の視聴率が関東地区で25.3%、関西地区で18.3%だったことが21日、ビデオリサーチの調査で分かった。

今年放送された民放ドラマの中で、これまでの最高視聴率は、SMAPの木村拓哉(37)が主演した「MR.BRAIN」(TBS系)の初回24.8%だったが、「JIN―仁―」は0.5ポイント上回った。

全話を通じての平均視聴率は19.02%で、全11話のうち5回も20%を超え、TBSによると、今年の民放ドラマでは最高の視聴率になった。

瞬間最高視聴率を記録したのは、野風(中谷美紀)の手術を終えた仁が、地中に埋めていた恋人・未来(中谷美紀=2役)との写真を取り出すシーンで、こちらも同時間帯ダントツの29.8%を記録した。

同ドラマは、大学病院の脳外科医だった南方仁が、幕末の江戸にタイムスリップし、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬や勝海舟ら実在の志士たちと知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく物語。

原作は、「スーパージャンプ」に連載中の村上もとか氏の同名のコミック。

ドラマの話題とともにコミックの部数も大幅アップ。今や計16巻で377万3千部に。

このうちドラマ化決定後は半年の増刷分だけで209万1千部に達している。待望の最新刊は年明け1月4日に発売される予定だ。

最終回のラストシーンでは、仁が再び転落しそうになったところで終わった。再びのタイムスリップを予感させていることで、「えっ」と思った視聴者も多かったようだ。

実際、同局には映画化や続編放送への問い合わせが殺到したという。

ネットでも「ラストを曖昧にして続編をにおわせるなんて汚い」と怒る人がいる一方で、映画化をにらんである程度"謎を残した最終回"になると予想していた人からは、「あからさまに『映画に続く』とかじゃなくて、まあ良かった」との声もあり評価は分かれている。

映画と連動の最終回というと、今夏に放送終了したテレビ朝日系「仮面ライダーディケイド」が記憶に新しいが、この分ならそこまでの騒ぎに発展しないだろう。

これもドラマとしての仁のクオリティの高さ、映画化を含めた続編への期待の表れといえるかもしれない。(松野)


関連ニュース
日テレ新人アナ・岩田絵里奈が大沢たかおと極秘交際していた!?
大沢たかお、熱愛写真で判明した私生活のダサさと彼女のブスさで炎上状態!
大沢たかおが結婚できない意外な理由!
大沢たかお交際報道に言及! 新恋人とのデートの真相とは!
大沢たかお新恋人発覚!? 30代女性とオトナの恋を堪能中で結婚も近い!?
注目ワード
【人物】
大沢たかお
【キーワード】
大沢たかお JIN 木村拓哉 MR.BRAIN 民放 映画 中谷美紀 中谷 視聴 主演 最終回 放送 映画化 木村拓哉の子供
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau