東スポジャニーズ事務所"和解"はキムタク月9大コケが理由!?
(07/14)

8日付の「東京スポーツ」に、興味深い記事が掲載されている。

芸能面の「関ジャニ村上信五ネッシーの影見た」という、なんとも東スポ的な見出しのものだ。

この記事の何が興味をひくかというと、関ジャニ∞の村上信五、丸山隆平、安田章大の三人が顔をそろえた記者会見の内容ではなく、その会見に"東スポの記者が取材を許可されている"──ということなのだ。「週刊文春」が報じている。

「もう十年以上前から東スポは、中居正広が一般女性を妊娠させた疑惑や、渋谷すばる解雇、錦戸亮のセクハラ事件や大野智の大麻疑惑など『御用メディア』が絶対報じないようなネタを掲載。

ジャニーズ会見は出入りを禁じられていました」(芸能ジャーナリスト:文春)

ちなみに「週刊女性」「日刊ゲンダイ」、そして「週刊文春」も同様の扱いを受けている。

「たまに『写真は絶対に撮らない』など一筆書いて、会見に入れることもありましたが『お付き合いがないので』と断られるのが通例」(芸能関係者:同)

ところが、あっさり取材を許されたことで、当の東スポ側が拍子抜けしたという。

「『なぜ取材OKだったのか』と他の社から東スポに問い合わせが殺到したそうです。

関ジャニはジャニーさん直々に手がけた『物件』だけに、何が起きたのかと物議を醸した。

東スポ以外の媒体でも、『以前より対応が緩くなった』という声を聞きます」(芸能記者)

これは、歴史的な和解の始まりなのか?

「ビートたけしは宿敵だった『フライデー』と手打ちし、東スポにも登場するようになって、逆にスキャンダルを書かれなくなった。

ジャニーズから歩み寄りを示すことで、"お付き合い"を強化、あら探しされるのを防ぐ戦略かもしれません」(前出芸能ジャーナリスト:同)

背景には、木村拓哉のフジテレビ月9ドラマ「月の恋人」が平均視聴率16.8%と惨敗したこともあるとの見方もあるようだ。

かつてのような"御威光"が通用しない状況が数字に現れてしまった今、"エキサイティング新聞"にも配慮しておこう、ということなのかもしれない。

ちなみに文春が、この東スポとの"和解"についてジャニーズの担当者に電話で取材を申し込もうとしたが、「週刊文春ですが」と名乗ったとたん、ガチャ切りされてしまったという。

ジャニーズ事務所も、全てのマスコミと"お付き合い"する気はないということか、さて?(淺川)


関連画像
大野智
関連ニュース
木村拓哉のソロ3枚目アルバムに堂本剛ら参加! 他人の手を借りたい状態!?
木村拓哉、ジャニー喜多川の性加害問題に初めてテレビ番組で言及!
木村拓哉の出演CMがゼロに! 事務所残留で明暗分かれる!
木村拓哉の弟、木村俊作が不倫トラブル! 妻と離婚すると嘘ついて若い女性と交際!
木村拓哉主演「教場」の続編が放送延期! ジャニーズ性加害問題で制作ストップ!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
木村拓哉
【キーワード】
ジャニーズ 東京スポーツ 関ジャニ∞ 木村拓哉 週刊文春 村上信五 女性 ジャニー 関ジャニ 芸能 疑惑 会見 文春 和解 東スポ 木村拓哉の子供
【ニュースカテゴリ】
ジャニーズ
出産 破局 離婚 エンタメ 失言 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau