AKB48の「日本レコード大賞」受賞はない!? レコ大の舞台裏が明らかに!
(11/05)

10月27日に発売されたAKB48のニューシングル『Beginner』が発売1週間で82.7万枚を売り上げ、11月8日付オリコンシングルランキングで首位に初登場した。これでシングル1位は、昨年10月発売の『RIVER』から5作連続で、通算5作目となった。

SPEEDの楽曲『ALL MY TRUE LOVE』の初週60.1万枚を12年ぶりに更新し、女性グループ歴代最高の初週売り上げを記録したAKB48。また、女性アーティストのソロを含めても、宇多田ヒカル(うただひかる=27)の『Addicted To You』の106.8万枚、安室奈美恵(あむろなみえ=33)の『CAN YOU CELEBRATE?』の82.8万枚に次ぐ史上3番目の快挙だ。

初回出荷枚数は103万枚ということを考えれば、ミリオンセールスも目前まで迫っている上、大晦日のNHK紅白歌合戦出場は確実で、その前日に開催される『日本レコード大賞』もぶっちぎりの大本命のはずだ。

しかしここに来て、早くも大賞獲得はなくなったと『リアルライブ』が報じている。

「(大賞獲得については)EXILEのV3が確実視されている。今やレコ大は芸能界の実力者の"鶴の一声"で決定。一般紙やスポーツ紙の記者が審査員を務めているが、それぞれの審査員が意見をぶつけることなく、あっさり決定。当日は形だけの審査。そんな現状だから、各方面から"レコ大不要論"が噴出している」(芸能プロ関係者:リアルライブ)

『日本レコード大賞』といえば、大賞を受賞した歌手ばかりがクローズアップされているが、元来はアーティストの"楽曲"に対して贈られていたというのだ。

「いくら売れようが楽曲の良さが認められないと大賞を受賞できない。だから、今年受賞するのはEXILEの『もっと強く』とみられている。売り上げはAKBの足元にも及ばない22万枚程度だが、大ヒット映画『THE LAST MESSAGE 海猿』の主題歌でそれが高く評価された。ちなみに、AKBの曲はボーカルが複数いて個々の歌唱力を評価しづらい点などがあげられ大賞候補から漏れた。ただ、当日、TBSで生中継され視聴率をある程度稼ぐ必要があるので、会場で生歌を披露する大賞受賞候補者には残されると思われる」(同)

複数のバージョンを用意したり、握手会参加チケットを特典とする販売手法でCD不況の状況下で爆発的なヒットを記録しているAKB48。

しかしながら、新曲『Beginner』は特典の"イベント参加券"が抜かれた初回限定盤が発売初日からネットオークションに大量に出品されたという。
その現状を見て、さすがに"楽曲"を評価しているとは考えにくいのが正直な感想だろう。(上田)


関連ニュース
EXILE・黒木啓司が国会議員の娘と熱愛! セレブな同棲生活を満喫!?
AKB48の新センター・小栗有以の歌が下手すぎ! 「恋チュン」で音痴ぶり晒す!
嵐とEXILE、双方のファンが激突! 「Mステ」大トリを奪われ激怒!?
EXILEサイトで個人情報漏洩! セキュリティの甘さが原因か!?
AKB48メンバーがステージから転落で後頭骨骨折! 運営側の安全管理不足か!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
AKB48 | EXILE
【キーワード】
AKB48 Beginner レコード大賞 EXILE レコ大 芸能 発売 日本レコード大賞 初回 女性
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau