南極大陸」が奇跡のV字回復! それでも視聴者からは「騙された」との声!
(11/21)

20日に放送されたSMAP・木村拓哉(きむらたくや=39)主演のドラマ『南極大陸』(TBS系)第6話の平均視聴率が判明した。

先週放送の第5話では、世界初となるボツンヌーテン登頂を成功させた帰路、倉持(木村)、氷室(堺雅人)、犬塚(山本裕典)の3人が遭難。
薄れゆく意識の中で、倉持は遭難場所を記したメモを樺太犬に託す。

主人公の命の危機という大きな山場を迎えた第6話では、昭和基地から3人を救出するため雪上車が出動。
捜索中、奇跡的に樺太犬と合流を果たし、倉持らは一命を取り留める。
その頃、日本では越冬隊を迎えにいく「宗谷 」が、第二次観測隊を乗せて南極へ向けて出発。
第一次観測隊は残り少ない南極での生活を惜しむように、それぞれが研究に精を出す。
しかし、順調に進んでいるように思えた「宗谷」に思わぬハプニングが待ち構えたていた・・・。

第5話では木村主演の連ドラでは過去最低となる13.4%を記録してしまったが、今回は19.1%と大幅に回復。
初回の22.2%に次ぐ高視聴率となった。

奇跡のV字回復には、いくつかの要因が考えられる。
まず、直前まで放送されていた『日本シリーズ2011第7戦・ソフトバンク×中日』が18.9%と高視聴率を獲得。
野球中継終了後、CMを挟まずにドラマがスタートしたことで、多くの視聴者を引き継ぐことができた。

またこの日は野球中継延長のため、ドラマがスタートしたのは22時15分。
これまでは裏番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に視聴者を奪われていたが、放送時間が遅れたことで裏番組の影響が少なかったと考えられる。

さらに、第6話の予告が氷室の死を示唆していたことも、視聴者を集めた要因のひとつだろう。
ただ、実際には氷室が死ぬことはなく、ネット上には、
「完全に騙された」
「予告が一番面白かった」
といった意見も見られる。

様々な要因が重なり、屈辱的な視聴率から抜け出すことに成功した『南極大陸』。
真価が問われるのは、通常通りの放送となる次週になりそうだ。(伊原)


関連ニュース
木村拓哉がライブツアー開催も、たった2箇所! 色々勘違いしてて失笑!
「グランメゾン東京」 再放送ドラマの視聴率も下回る惨敗ぶり! 木村拓哉オワコン!?
「キムタクは真の大物」 サンドウィッチマンが明かす彼の素顔!
木村拓哉がまた天才役で主演に! どうせ毎回キムタク、とウンザリの声!
木村拓哉出演ドラマのヒロインが見つからない!? 大物女優から拒否続く?
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
木村拓哉 | 堺雅人
【キーワード】
木村拓哉 南極大陸 視聴率 堺雅人 山本裕典 主演 視聴者 放送 野球 裏番組 遭難 成功 倉持 奇跡 日本 木村拓哉の子供
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau