大島優子出演映画「闇金ウシジマくん」が大コケ確定! 女優生命のピンチ
(08/30)

今月25日、山田孝之(やまだたかゆき=28)主演映画『闇金ウシジマくん』が公開となった。

同作は真鍋昌平が『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で不定期連載中の人気漫画が原作。
超暴利闇金融『カウカウファイナンス』を営む丑嶋馨の日常と彼を取り巻く人間模様をシビアに描き、今年7月現在、コミックスは600万部以上を売り上げている。

山田は2010年に放送されたドラマ版に引き続いて主演を務め、AKB48・大島優子(おおしまゆうこ=23)、林遣都(はやしけんと=21)ら注目のキャストが脇を固める。
特に今大人気のアイドル・大島が初めての"汚れ役"を演じることが話題を集め、制作側もヒットを狙って半年間積極的にプロモーションを行ってきた。
しかし、このままでは厳しい結末になりそうだという。
『リアルライブ』が報じている。

「封切り2日間の興収は7500万円。全国140スクリーンでの公開だし、今回は高額な宣伝費がかかっている。最低でも7億〜8億円は欲しいところですが、このままだと恐らく4億円止まり。興行的にかなり厳しいといえます」(興行関係者:リアルライブ)

同日公開の映画では佐藤健(さとうたける=23)主演の『るろうに剣心』、高倉健(たかくらけん=81)主演の『あなたへ』が興行成績ランキングで1位、2位を獲得。
『闇金〜』はかろうじて10位にランクインしたが、来週には圏外となってしまう可能性が高い。

話題性やキャストでは上記2作品に負けていないにもかかわらず、なぜここまで差が開いてしまったのか。
その原因のひとつにヒロイン・大島の多忙なスケジュールが挙げられると、芸能ライターは指摘する。

「劇中で大島は出会い系喫茶に出入りするギャルを演じています。女優志向の強い彼女は今回の難しい役柄を気に入っていて、映画を成功させるためにできる限り宣伝に協力する意向でした。ところが、公開前後のタイミングにちょうどAKB48の東京ドーム公演が重なり、お付き合い程度の稼働になってしまった。結局、TVスポットなどは宣伝費をかけたのに、効果が出なかったのです」(芸能ライター:同)

AKB48は今月24日から26日までの3日間、悲願の東京ドーム公演を行った。
同公演はグループの元エースであり大島のライバルだった前田敦子(まえだあつこ=21)の卒業公演も兼ねていただけに、当然大島の気合いも十分。
結果、映画の宣伝には思うように顔を出せなかったというわけだ。

もっとも、きちんと宣伝をすれば成果が出たかといえばそうとも限らない。

大島は今年7月に公開されたディズニー・ピクサー映画『メリダとおそろしの森』でも主人公・メリダの声を担当。
同作の初週興収は1億4780万円で、2006年にピクサーが『カーズ』で記録したワースト初週興収3億8123万円を大きく下回る結果となってしまった。

今回の『闇金〜』も大コケとなれば、女優志望の大島にとっては非常にピンチなのでは。(高橋)


関連ニュース
大島優子が一時休業! 「海外留学」で仕事白紙、まるで綾部祐二の真似?
きゃりーぱみゅぱみゅが大島優子を批判!? 「紅白は卒業発表する場じゃない」
大島優子が嫌われすぎ! ドラマ出演だけで批判殺到! 「もう観ない」と辛辣な声も!
大島優子、極秘ヌード撮影で前田敦子を潰しに!? 不仲なライバル超えの秘策!
大島優子に「死ね」と言った小田嶋隆が「土下座したい」と謝罪!
注目ワード
【人物】
大島優子
【キーワード】
大島優子 闇金ウシジマくん AKB48 山田孝之 興行収入 大コケ 宣伝 興行 主演 結果 闇金 話題 女優 映画 山田 人気 ゆうこ
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau