朝ドラ「純と愛」が好調も夏菜批判殺到! 原因は大き過ぎるおっぱい!?
(11/11)

10月からスタートした朝の連続テレビ小説『純と愛』(NHK)で主役を演じている夏菜(なつな=23)。
過去に映画『GANTZ』で大胆演技を見せた彼女の朝ドラ主演抜擢は話題を呼び、初回では好評だった前作『梅ちゃん先生』を上回る19.8%の高視聴率を獲得している。

同作は、沖縄・宮古島の祖父のホテルに憧れたヒロイン・狩野純が、大阪のホテル業界で奮闘しながら成長していく物語。
昨年の大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)を手掛けた遊川和彦氏が脚本を担当することで話題に。
夏菜のほか、風間俊介(かざましゅんすけ=29)、武田鉄矢(たけだてつや=63)、舘ひろし(たちひろし=62)ら豪華出演者が揃っており、前作『梅ちゃん先生』以上のヒットが期待されている。

そんな『純と愛』だが、巷ではある批判が続出しているという。
『日刊ゲンダイ』が報じている。

最近になってもまずまずの視聴率を記録して波に乗る同作。
しかし主演の夏菜に対しては、
「演技が下手すぎ」
「朝からウザイ」
「ギャーギャー騒々しい」
「イライラする」
と視聴者からの苦情が一般紙の読者欄で度々取り上げられた。

というのも今回の朝ドラは、これまでの朝ドラで定番だった素直で純情、清純なキャラクターから一新。
第1話、第2話ともにヒロインが口論に巻き込まれ、声を張り上げるシーンが目立つ結果になった。

「ド根性が売りの異色ヒロインが主役の『カーネーション』は広く共感された。
それに続き、大阪放送局が遊川氏の手腕をもって"朝ドラの伝統をブッ壊してやろう"と意気込んだのでしょう。
でもいかんせん、朝ドラが長年作り上げてきたヒロイン像とかけ離れ過ぎている。
素直で清純でけなげという王道路線だった『梅ちゃん先生』の後だけに、ギャップも大きい。
予定調和を好む朝ドラファンには刺激が強いのでは」(放送評論家・松尾羊一:日刊ゲンダイ)

朝ドラのメインターゲット層は家事を終えて一段落する主婦。
疲れて一休みというときに、テレビ画面に現れた夏菜がヒステリックに叫ぶ姿はあまり気持ちの良いものではないだろう。

また、朝ドラでヒットする作品のヒロインには共通点がある。"貧乳"だ。
これまでドラマの初回では、主演女優が体を伸ばす仕草をして、わかりやすく貧乳っぷりを強調することが多かった。
一説では、視聴者が優越感を持てるようにという配慮なのだとか。
しかし夏菜といえば、Fカップとも言われる溢れんばかりの巨乳の持ち主。朝ドラのヒロインとしては珍しい。
さらに、サッカーJ1・名古屋グランパスの小川佳純(おがわよしずみ=27)との交際を堂々と告白するなど、"純情で清純"というヒロインのイメージからもかけ離れている。
今まで朝ドラを欠かさず見てきた視聴者からすればかなり異質な存在なのかもしれない。

ドラマが好調にも関わらず、思わぬところで批判を浴びている夏菜。原因はどうあれ、ヒロインが足を引っ張る事にならなければ良いのだが。(石森)


関連ニュース
風間俊介はかなりの性悪!? 共演者からも「スゴく嫌な感じ」
風間俊介、ボイメン、Snow Man、ザ・たっち他芸能人が続々新型コロナ感染! 再び広まる!
武田鉄矢が女性軽視発言で炎上! セクハラを容認!?
夏菜がYoutuber開始するも、あまりに痛々しい! 売れなくなったタレントの末路!
風間俊介に3歳の子供がいた! 隠し続けたが遂に発覚!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
夏菜 | 風間俊介 | 武田鉄矢
【キーワード】
純と愛 夏菜 連続テレビ小説 おっぱい 批判 テレビ 大阪 視聴 主演 主役 演技 視聴者 放送 朝ドラ 初回
【ニュースカテゴリ】
エンタメ ジャニーズ
出産 破局 離婚 失言 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau