デヴィ夫人がTBSの番組で平手打ちした一般女性は後藤田正純不倫相手だった!
(02/01)

タレント・デヴィ夫人がTBS系『奥様はモンスター2』の収録中、番組に出演した一般女性に激昂して3回平手打ちで相手を殴った事件は、新たな進展を迎えた。

『週刊文春』によると、事件後警察に被害届を提出した女性は、かつて衆議院議員・後藤田正純と不倫関係にあった銀座のホステスだという。
両者は2011年、『FRIDAY』に食事デートをした後、人目に付く場所で抱擁・キス、さらにトイレで性行為を行い、二人で議員宿舎に帰宅した後再び性行為をしたと報じられた。この一件で後藤田正純は自民党内役職全てを辞任した。

偶然にも、一度問題を引き起こした女性が再び事件に巻き込まれる形となったわけだが、
「担当ディレクターは収録前、A子(※当該女性)さんに足の組み方まで細かく指示し、『やりすぎるくらいでいいから、女王様を演じて下さい』『とくにデヴィ夫人への絡みは面白くなるから、よろしく』と、デヴィ夫人を挑発するように煽っていた」(番組関係者:週刊文春)
と、自発的にデヴィ夫人を怒らせたのではなく、スタッフの指示でわざとカチンとくる言動をしたのだ。
彼女は性悪な妻として番組に出演。しかし夫として紹介された男性と、実際には婚姻関係に無かったという。

TBS側は、自局のワイドショー番組で一切デヴィ夫人の件に触れない方針。
『サンデージャポン』や『アッコにおまかせ!』等、本来真っ先に食いつきそうな番組も完全スルー。
『東京スポーツ』では、「事件の解決が長引くようであれば、すべての番組で出演が厳しくなる」(同局員)と、出禁状態にあることを報じた。
事件の引き金を引いておきながら、まるで第三者の立場。被害者女性はデヴィ夫人ではなく、TBS側に文句を言うべきである。

デヴィ夫人は日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』で「被害届は取り下げられた」と話したが、警察側は「被害届は取り下げられていない」と否定するコメントを出している。
銀座ホステス、元大統領夫人、テレビ局という異色の三角関係は、今後さらに泥沼化しそうだ。(柳井)


関連ニュース
デヴィ夫人が「まだ着物貰ってない」と淡路恵子の遺族に脅し! の着物を欲しがったのも事実!?
デヴィ夫人 訴訟に逆ギレ!? 「逆告訴ないしは提訴を検討
デヴィ夫人が訴えられた!? いじめ問題のブログで名誉毀損!
デヴィ夫人 アメーバに怒りの抗議電話! 「コメントを全て開示せよ
デヴィ夫人が被災地支援に衝撃の提案!? 引きこもりを被災地へ派遣!?
注目ワード
【人物】
デヴィ夫人
【キーワード】
デヴィ夫人 奥様はモンスター 平手打ち 暴行 後藤田正純 後藤 藤田 文春 出演 事件 警察 被害届 議員 デヴィ 週刊文春
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau