「デスノート」「ど根性ガエル」実写化ドラマが視聴率急落! やはりドラマ化すべきでなかった!?

1972年にアニメ化され大ヒットした『ど根性ガエル』、2003年から『週刊少年ジャンプ』で連載された漫画『DEATH NOTE』、これら両作品がいずれも日本テレビ系7月期ドラマとして実写化されている。『ど根性ガエル』は松山ケンイチが、『デスノート』は窪田正孝がそれぞれ主演を務め、放送開始前には番宣を重ね重ね行ったが、早くも視聴率が急落してピンチに陥っている。

『ど根性ガエル』は7月11日に始まり、初回視聴率は13.1%。しかしながら18日の第2話は8.5%に下がった。一気に4.6%も減少している。ピョン吉の声は満島ひかり、"永遠のマドンナ"京子ちゃんは前田敦子が担当。キャスト陣は原作の面白さを実写化でも体現しようと奮闘しているが、中々視聴者には響いていないようだ。

さらに厳しい状況にあるのは『デスノート』。2006年公開の映画版が大ヒットしただけにドラマ版にも期待が大きかったが、第1話16.9%、第2話12.3%、第3話8.7%と右肩下がり。「初回はとりあえず観たが、つまらないから2話以降観てない」という典型的なパターンだ。実際、「これを気に漫画の実写化は控えて欲しい」なんて意見も出ている。

相当キツい状態に追い込まれた両作品が、今後巻き返しを図ることは出来るだろうか。(柳井)


関連ニュース
窪田正孝は水川あさみの言いなり!? 仕事も妻の一言でドタキャンしちゃう?
窪田正孝が妻の水川あさみを「いい嫁」と絶賛! ノロケ全開に賛否の声!
松山ケンイチの衝撃私生活! 一年の半分は農業!?
窪田正孝と水川あさみが結婚! 「面白い人生を歩める人に出会えた」
窪田正孝の異常生活に騒然! 洋服着たままお風呂に入る!
注目ワード
【人物】
松山ケンイチ | 窪田正孝
【キーワード】
デスノート ど根性ガエル 視聴率 松山ケンイチ 窪田正孝 漫画 実写 初回 ノート エル 視聴 マツケン
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau