あいみょんの「桜が降る夜は」、アノ名曲のパクリか? 90年代楽曲をコピー?

歌手のあいみょんが"桜ソング"としてリリースする新曲『桜の降る夜は』をめぐって、パクリ疑惑が浮上した。

テレビ朝日系『MUSIC STATION』で、同曲をテレビ初披露すると、ファンから「いつも懐かしさを感じる。すぅーっとはいってくる」「あいみょんの曲って耳にスッと入ってくる」といった感想が見られた。
今や国内屈指の人気アーティストとなったあいみょん。楽曲のクオリティでも高い評価を得ているが、その理由として、かつてのヒット曲をコピーしているからではとの指摘が上がった。

『桜の降る夜は』は、1990年代に大ヒットしたWANDSの『世界が終るまでは』に激似なのだ。イントロ部分と途中の一部分なので、完全に楽曲をパクったとは言えないが、この部分に関しては聞き間違えるほどそっくり。
長年J-POPを聴いている人からすると、20年以上前のヒット曲と似ているからこそ、耳にすぅーと入ってくるのかも。

あいみょんに関しては、大人気曲『マリーゴールド』が1999年に発売されたゲームボーイソフト『メダロット2』のBGMにそっくりと、別の曲でもパクリ疑惑があった。
彼女が生まれていない、もしくは物心がつく前にリリースされた楽曲からインスパイアされていると仮にバレても、人気に大きな影響は無さそうではあるが。(船越)


関連ニュース
あいみょんが違法薬物に興味津々!? 未公開曲がヤバすぎる!?
注目ワード
【人物】
あいみょん
【キーワード】
あいみょん 桜の降る夜は パクリ WANDS 疑惑 人気 楽曲 部分
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau