「科捜研の女」打ち切りでアニメ枠に変更!? テレ朝の編成に大ブーイング!
(10/17)

女優・沢口靖子が主演を務めるドラマシリーズ『科捜研の女』が打ち切りになる可能性が浮上したと『週刊文春』が報じている。

記事によると、同ドラマは木曜20時枠で放送されているが、この時間帯は若者より高齢者の視聴者層が多いので、CMの広告的価値が低いという。
つまりスポンサーがあまりCMを出したがらないため、テレビ局としては別の番組に変更して多くのスポンサーを呼び込みたい。そこで『科捜研の女』ではなくアニメ枠にしようと計画中なのだ。

ドラマとして人気があるのは事実である『科捜研の女』。ただし京都撮影所で撮影を行っているため、出演者やスタッフの移動費、滞在費が否が応でも膨らむ。
軒並み制作費が削減される傾向にあるテレビ業界。いくら人気のあるドラマといえども、制作費がかかりすぎると打ち切りの候補に挙がってしまう。

前述の通り、長年のファンが多いので、「打ち切りになったら悲しいとかのレベルじゃない!」「映画化は最後のご褒美だった!?」「終わるとかほんと無理」と、『週刊文春』の報道に対してバッシングのような声が多数上がっている。
せめて沢口靖子が作品への意欲を失わないうちは続けてほしいものだが。(船越)


関連ニュース
かつての人気も今はなし!?沢口靖子40代の転換期!
注目ワード
【人物】
沢口靖子
【キーワード】
科捜研の女 打ち切り ドラマ アニメ テレビ朝日 文春 沢口靖子 週刊文春 靖子 科捜研 ドラ 制作 撮影 テレビ 人気
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau