大平シロー、事務所で倒れ急死 「太平サブロー・シロー」で漫才ブームを牽引

漫才コンビ「太平サブロー・シロー」で人気を博したお笑いタレント・大平シロー(たいへいしろー、本名・伊東博=いとうひろし)が9日、大阪市中央区の大阪医療センターで死去した。55歳だった。

所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーによると、シローは今月4日昼ごろ、大阪市内にある自身の事務所で倒れ病院に搬送。
一時、心肺停止となり、蘇生措置で一命は取りとめたものの、意識不明の状態から回復することなく9日午後2時32分に息を引き取ったという。
医師からは「難治性心室細動」と診断されていたが、現在のところ死因は不明。
最期は、両親ら親族と一部の弟子がみとったという。

大阪府泉大津市出身のシローは、1975年に漫才トリオ「レッツゴー三匹」に弟子入りし、翌年に太平サブロー(たいへいさぶろー=55)とともに「太平サブロー・シロー」を結成。
得意のものまねを盛り込んだテンポの良い漫才で注目を集め、80年代の漫才ブームを代表するコンビとなった。
しかし、人気絶頂の1988年に吉本興業から独立すると仕事が激減。
1992年にはコンビを解散し、同年の参院選に出馬するも落選した。
その後、芸能活動を休止して表舞台から姿を消すが、1998年に吉本へ復帰。
近年はタレント業の傍ら、放送作家としても活躍していた。

かつての相方・サブローは9日深夜、所属事務所を通じて、
「55歳というあまりにも若い年齢でのことにショックを受け、まだ信じられない思いです」
とコメントを発表。
さらに、
「僕が世に出ることができたのも、『サブローシロー』というコンビがあったおかげ。
ましてやシローさんという天才芸人と一緒にやれたことが、今、現在もこの世界で何とかやれることになっていると思います」
と感謝の思いを示している。

なお、葬儀・告別式は親族のみで行う予定だという。(伊原)


関連ニュース
入川保則が直腸がんのため死去 最後看取った長男「最期まで役者でした
【訃報】フィギュアスケート・浅田真央選手の母親、匡子さんが肝硬変で死去
ポチたま」旅犬・だいすけ君がロケ先で急死 父の映画化決定当日に・・・
【訃報】初代食いしん坊の山内賢さん、肺炎で死去…。「あばれはっちゃく」の先生役などで活躍
【訃報】出川哲朗、「感謝の言葉しかない」と母・泰子さんと最期の別れ…
注目ワード
【キーワード】
大平シロー 訃報 急死 太平サブロー 漫才 大阪 事務所 親族 サブロー サブ 人気
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau