レコード大賞、視聴率のためAKB48の連続受賞を断念!? 代わりに浮上したのは…
(09/22)

8月15日にリリースしたアルバム『1830m』がミリオンを突破するなど、今年も絶好調のAKB48。
今後もグループ、派生ユニット、ソロと様々なリリースが予定されており、2年連続のレコード大賞受賞が確実視されている。

しかし、近年視聴率低迷に苦しむ『日本レコード大賞』(TBS系)は、厳しい状況を打破すべく、早くもある歌手への大賞授与を決めたという。
『週刊新潮』が報じている。

かつては毎年のように30%台をマークしていた『日本レコード大賞』も、近年は15%以下まで低迷。
2006年に放送日を12月30日へ移動してからはやや立て直したが、昨年も14.9%と15%には届かなかった。

TBS内では一時、真剣に打ち切りも検討されたというが、レコード会社やプロダクションからの猛反対で断念。
局側としては、引くに引けず放送しているのが実情だという。

「そこで、何とか今年は"大物"を登場させて人気回復を図りたい。
本来ならばCDのセールスがトップで、前田敦子の卒業が話題になった『AKB48』が2年連続の大賞候補ですが、AKBの運営会社のAKSと音事協(日本音楽事業者協会)で折り合いがついていないのです」(芸能記者:週刊新潮)

大本命・AKB48に代わって候補に浮上しているのが、演歌歌手・氷川きよし(ひかわきよし=35)。
一時期に比べ勢いが落ち着いてしまった感は否めないが、審査員たちは彼の人気や実力ではなく、彼に関連した"あるドラマ"に注目しているようだ。

「氷川といえば06年にも大賞を取っており、この年から放送日を大晦日から1日繰り上げたこともあって視聴率がグンと跳ね上がった。
さらに、5月に亡くなった『長良プロ』の長良じゅん元会長の存在があるのです。
その足跡を称える意味で、教え子の氷川にレコード大賞を与えるというのが、審査員たちがひねり出した"アイデア"なのです」(同)

長良氏は氷川のほか、梅宮辰夫(うめみやたつお=74)、中村玉緒(なかむらたまお=73)、山川豊(やまかわゆたか=53)らを育て上げた芸能界の重鎮。
どうやらTBS側は、最後の教え子ともいえる氷川が涙ながらにレコード大賞を受賞するという筋書きを考えているようだ。

ただ、若年層が長良氏の存在にピンとくるかは甚だ疑問だ。
いつまでも旧態依然とした番組作りをつづけているようであれば、誰を大賞にしようと視聴率上昇などあり得ないだろう。(伊原)


関連ニュース
AKB48の新センター・小栗有以の歌が下手すぎ! 「恋チュン」で音痴ぶり晒す!
AKB48メンバーがステージから転落で後頭骨骨折! 運営側の安全管理不足か!
「AKB48第7回総選挙」速報結果発表! 熾烈な1位争い、無名若手の台頭!
AKB48に世界中からバッシング! 「一番気持ち悪い」と報道された原因とは!?
2015年女性タレントCMギャラリストが流出! 大暴落したアノ歌手&若手女優の台頭!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
AKB48
【キーワード】
AKB48 レコード大賞 前田敦子 TBS 視聴率 日本 新潮 歌手 人気 視聴 放送 低迷 週刊新潮 あっちゃん まえだあつこ
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau