岡田将生の主演映画『ストレイヤーズ・クロニクル』が大幅赤字! 客を呼べない原因とは!?
(07/02)

6月27日から公開された映画『ストレイヤーズ・クロニクル』が早くも大ゴケの予感だ。公開初週(土日の2日間)の興行収入は6,451万円。岡田将生、染谷将太、成海璃子、松岡茉優、高月彩良など人気の若手役者を多数起用したにも関わらず、ランキングも初登場7位と伸びていない。期待されていたにも関わらず観客動員数が不調な原因について、『アサ芸プラス』が報じている。

「超能力を駆使する若者をテーマにした映画ですが、この手のSFものは毎回、VFXの技術や演技の説得力においても邦画の陳腐さは目を覆うばかり。『ストレイヤーズーー』も酷い出来です」(映画ライター:アサ芸プラス)

途轍もない製作費を注ぎ込む洋画と比較して、邦画のスケールが小さく迫力に欠けるのは今に始まった話ではない。同誌はもう一つの原因として、主演の岡田将生に客を呼べる力が無いと説明している。

「ある30代の女性記者に言わせれば『草食男子の雰囲気があまりに出すぎ』だと。ジャニーズなどのアイドルファンはともかく、福山雅治や佐藤健ら、一般女性がスクリーンでカッコイイと思う男性陣にはもっと『抱かれたい』と思わせる肉食の色気があると言ってましたね」(同)

岡田将生の草食系キャラは、バラエティ番組に出演した時にも度々強調され、多くの人がそのイメージを持っている。10代20代の若年層には人気がある反面、年上女性からすると魅力に欠けるのかもしれない。

ちなみに、6月27・28日の週末2日間でトップだったアニメ映画『ラブライブ! The School Idol Movie』は、第3週目で2億6,716万円を記録。公開初週の『ストレイヤーズーー』より4倍以上多い。
綾瀬はるかや長澤まさみら女優4人が主演の『海街diary』も、公開4週目で10億円に迫る状況。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は公開9日間で7億円を突破した。

観客を惹き付ける作品を作れなかった製作陣が悪いのか、客を呼べない役者が悪いのか・・・。(柳井)


関連ニュース
岡田将生と鈴木唯アナが熱愛! マメに送迎してあげる優しさぶり!
岡田将生がテレビ番組のヤラセにマジギレ! 「何だよこの業界は!」
岡田将生が大怪我する寸前だった!? 『ジョジョ』実写版の裏事情!
岡田将生が生田斗真を出禁扱いのワケ! 歪んだ人柄を敵視する声多数!
岡田将生がモデル・田中里奈と交際か!? 正月に極秘旅行へ!?
注目ワード
【人物】
岡田将生
【キーワード】
岡田将生 映画 ストレイヤーズ・クロニクル 赤字 大ゴケ 岡田 人気 主演 原因 岡田将 スト 女性
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau