織田裕二が「相棒」の杉下右京を丸パクリ!? 演技が不自然すぎると話題に!
(10/21)

織田裕二主演のドラマ、TBS系『IQ246〜華麗なる事件簿〜』が10月16日よりスタートした。地上波連ドラの主演は彼にとって2013年のフジテレビ系『Oh,My Dad!!』以来、約3年ぶり。しかも推理モノという、彼が得意とするジャンルの作品で、さぞかし気合が入っているに違いないが、劇中で見せる演技がどうにもこうにもパクリに思えるという声が後を絶たない。『デイリーニュースオンライン』が報じた。

織田裕二は事件を解決する場面で、特に犯人と対話をする時、普段とは大きく異なる独特の喋り口調を披露している。彼なりに役柄になりきっているのだろうか。その口調が、テレビ朝日系『相棒』で水谷豊が演じる杉下右京に酷似しているのである。

「織田は往年の海外ドラマ『名探偵ポワロ』を意識しており、日本語吹替版と喋り方がそっくりになっています。一方の水谷も『相棒』の杉下右京は『ポワロ』を参考にしている。キャラが被ってしまうのは必然なのですが、十数年も続いている『相棒』の後にやれば視聴者が『右京さんソックリ』と感じるのも無理はなく、パクリ疑惑を騒がれても仕方ありません」(芸能関係者:デイリーニュースオンライン)

推理モノは、ドラマジャンルの中でもベタなものの一つ。他の作品と多少被ってしまう部分があるのは仕方がない。ただ、織田裕二の場合、完コピに挑戦しているのかと思うほどそっくりなので、視聴者も突っ込まざるを得ないわけだ。

ちなみに、織田裕二が演じる主人公の名前は、"ほうもんじ・しゃらく"。言わずもがな、シャーロック・ホームズをオマージュしたもの。色んな名作品の寄せ集め的要素が強いので、長年推理モノを嗜んできた人からすると、どこか退屈なドラマと感じてしまうかもしれない。(船越)


関連ニュース
織田裕二と坂上忍が共演NG! 度重なる呼び捨てで険悪ムードに!
「東京ラブストーリー」が待望の再放送! 当時30%超えドラマ、現在の注目度は?
織田裕二、主演ドラマが視聴率3%台! ゴールデン帯大爆死でもう主演は無理!?
織田裕二のパクリ演技を隠すTBSの秘策!? スタッフからの評判最悪!
陣内孝則が嫌いな芸能人は織田裕二! あの性格を受け付けない!?
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
織田裕二
【キーワード】
織田裕二 ドラマ IQ246 演技 相棒 事件 視聴者 水谷 織田 視聴 主演 織田ゆうじ 織田裕司
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau