ソフトバンク主催の「史上最大のお笑い合戦」が3月からスタート!!

ソフトバンクがお笑いの世界に殴り込みをかけた。

それは、お笑いの祭典『M-1』『R-1』をはるかに凌ぐ規模の『S-1』が発足したことによる。

ソフトバンクモバイル孫正義社長が1月29日(木)、新たなお笑いの祭典『S-1 BATTLE』の立ち上げを宣言したのだ。

都内で行われた新商品発表会の場で、月間チャンピオンに1千万円、年間チャンピオンに1億円、賞金総額2億2千万円という破格の条件が提示されると参加者たちからは歓声があがった。

漫才、コントなどネタのジャンルや芸暦を問わずに行われる同大会は、毎日2組の芸人がモバイル上でネタを披露し対戦し、それをソフトバンクユーザーが投票で勝者を選出。

月々で月間チャンピオンを選出し、最高12組による年間チャンピオン決定戦を開催するというものだ。

具体的な流れはこうだ。

■STEP 1
お笑い芸人が S-1バトル向けに制作した、3分間以内にまとめられたオリジナルのお笑い映像作品(ネタ映像)を投稿

■STEP 2
ソフトバンクの携帯電話ユーザー(「S-1バトルメール」会員)は、毎日配信される対戦通知メールから、2作品ずつをダウンロード・視聴し、面白かった作品に投票。

■STEP 3
この投票により2009年3月から2010年2月までの間、月ごとのチャンピオンを選出

■STEP 4
2010年3月に月間チャンピオン12組(12作品)による最終決戦を開催し、年間チャンピオンを決定

年間チャンピオンの賞金は1億円で、お笑いコンテストでは最高額。

月間チャンピオンにも1千万円の賞金が用意されるという、まさに現在のお笑い界ナンバーワンの待遇だ。

さらに会員で、月々のコンテストに投票したユーザーの中から毎月10名に10万円、最終決戦に投票したユーザーの中から1名に1,000万円、合計2,200万円が抽選で当たるとのこと。

孫社長は「ゴルフのチャンピオンでも1億もらっている。笑いも立派な芸術だと思う」と発足の経緯を説明。

会場に駆けつけたロンドンブーツ1号2号ら芸人たちは「社長!!」と絶叫し、腰を抜かすほど驚いた。

孫社長は『M-1』のように出場条件の縛りはないため「ぜひロンドンブーツにも出てもらいたい」とラブコールを贈った。

なお、最終決戦の模様は全国にテレビ放映され、番組の観覧者や視聴者は携帯電話(ソフトバンク携帯電話以外でも可能)などを使って、年間チャンピオンの選出に参加できる予定だ。

同大会は3月1日より開幕されるので、ソフトバンクユーザーは目を離さないように!(古田鉄寿)


関連ニュース
新世代型お笑い映像コンテスト「S-1バトル」3月1日ついに開幕を迎える!!
ダウンタウン、ナイナイに続け!関西お笑い新人グランプリ天竺鼠
2008年で気になったCMソングはある? テレビCMタイアップソングのオンエアランキングを発表!!
なだぎ武に続きナベアツR-1欠場!出来レース疑惑との関係は!?
ソフトバンクユーザーが大ブーイング。「Y!ボタン」に、通信料金課金
注目ワード
【キーワード】
ソフトバンク M-1 R-1 お笑い 映像 芸人 視聴 携帯 会員 社長 大会 携帯電話 ソフト 賞金
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau