新世代型お笑い映像コンテスト「S-1バトル」3月1日ついに開幕を迎える!!
(02/28)

ソフトバンクの携帯ユーザーの投票でチャンピオンを決めるお笑い映像コンテスト「S-1バトル」については、お笑いに敏感な人はすでにご存じだろう。

念のために簡単なコンテスト概要を説明すると次の通りだ。

毎日お笑い芸人2組が自身のネタを披露した動画を参加者(原則としてSoftBank 3Gユーザーのみ)に配信。

参加者はどちらのネタが面白かったかを評価して投票し、勝者を決めていく。

そして3月1日の開幕にあたり、2009年3月度第1ステージの40作品と出場芸人が決定した。

◆2009年3月度第1ステージ出場芸人

浅越ゴエ(ザ・プラン9)
井上マー
烏龍パーク
エハラマサヒロ
大神クヒオ
カップルと今別府
カナリア
ガリバートンネル
川原克己(天竺鼠)
木村明浩(バッファロー吾郎)
キャラメルマシーン
くまだまさし
河本準一(次長課長)
小籔千豊
コンマニセンチ
サバンナ
3ガガヘッズ
しあつ野郎
庄司智春
新喜劇若人
世界のナベアツ
セクシー寄席
ぜんじろう
タカダ・コーポレーション
天津
トータルテンボス
徳井義実
中田敦彦(オリエンタルラジオ)
中山功太
2丁拳銃
ヒッキー北風
ヒデ(ペナルティ)
ぼんちおさむ
ミシン
ものいい
レイザーラモンRG
ロシアンモンキー
ワッキー(ペナルティ)

投票は毎月1日〜20日にかけて行われる「第1ステージ」、22日〜26日の「第 2ステージ」、27日〜29日の「決勝」の3ステージに分かれて行われる。

最終的に月毎の決勝で最も得票を集めた芸人は「月間チャンピオン」となり、賞金 1000万円及び年間チャンピオン大会への出場権を得るという流れだ。

出場するお笑い芸人については、コンビ結成後の期間、人数等による制限は一切ナシ。

ピン芸人・コンビ等を問わず出場ができるわけだが、応募資格として「芸能事務所・プロダクションに所属していること」が要件とされているため、アマチュアやフリーランスのお笑い芸人など、所属事務所を持たない者は参加できない。

今回のS-1スタートにともなって、ソフトバンクはパケット通信料を割引する「『S-1バトル』開幕キャンペーン」を、3月1日から6月30日まで実施。

キャンペーンでは、毎日の対戦を知らせる「S-1バトルメール」の受信料が無料になるほか、お笑い映像のダウンロードにかかる通信料が75%割引されるという。

S-1をフルに使ったビジネス戦略も、やはりソフトバンクらしい。(古田鉄寿)


関連ニュース
ソフトバンク主催の「史上最大のお笑い合戦」が3月からスタート!!
ソフトバンクユーザーが大ブーイング。「Y!ボタン」に、通信料金課金
全体の22%が「自分はケータイ依存だと思う」と自覚。20代35.4%と突出!!
ソフトバンクの“犬のお父さん”がDVD発売で調印パフォーマンス
注目ワード
【キーワード】
S-1バトル ソフトバンク 徳井義実 河本準一 ソフト スト テスト 笑い コンテスト 映像 芸人 お笑い 事務所 バトル
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau