亀田父の"永久追放"は思い通り? 場外でさらに"やりたい放題"へ!?

3月27日のWBC世界フライ級王座統一戦で、亀田興毅(23)の敗戦後、父の亀田史郎(44)が試合役員らを恫喝した問題の処分が決まった。

日本ボクシングコミッション(JBC)は13日、亀田父に対し、

1. セコンドライセンス取り消し
2. 以降、いかなるライセンス申請も受理しない
3. 試合会場の客席やリンクサイド、控室への立ち入り禁止

という事実上の永久追放処分を下した。

今回の事態を重く見たWBC(世界ボクシング評議会)も、メキシコに亀田父を呼びつけ、事情を聴取。

セコンドとして90日間、WBCが試合などを主催する場所への立ち入りを禁止する処分を科した。

WBC側は、日本側の決定を尊重し、軽い処分にとどめたとみられている。

しかし、この厳罰に見える処分も、結局は何の影響も無いのが現実だという。

一時は確実視された、亀田ジムの取りつぶしという、亀田ファミリーにとっての最悪の事態の回避に成功しているからだ。

亀田ジムの五十嵐紀行会長(35)は、JBCから「クラブオーナーとプロモーターの両ライセンス無期限停止」の処分を科されたが、これは別の会長を立てれば済む話。

さらに、ここで亀田家のジム兼自宅の存在が効いてくる。

たとえば、3兄弟が表向きは他のジムで練習することになっても、自宅の施設で亀田父と練習しても、密室内のことだけに誰も監視できない。

3兄弟の身分は現在、東日本ボクシング協会預かりとなっているが、練習や、マッチメイクを"一般人"の父親に相談したところで、何の問題も発生しない。

つまり、今回の処分は、実効力をほとんど持たないのだ。

もちろん道義的な問題は発生するが、そうした性善説を、あの亀田一家に対して期待するのは難しそうだ。

むしろ協会側としては、この"追放"で、亀田父への監視や干渉は難しくなったとも考えられる。

また、ボクシング以外でも次から次へと騒動を起こす3兄弟の身柄を預かった東日本協会は、今後、さらに大きな問題が起きたとき、責任を取ることはできるのだろうか。

今回の追放で"一般人"となった亀田父はしてやったりというところか、さて?(淺川)


関連ニュース
「亀田興毅に勝ったら1000万円」でヤラセはあったのか!? 武尊&亀田本人が説明!
亀田興毅に待望の第1子誕生! 「我が子ってこんなに可愛いんやなぁ
亀田興毅12年の交際実らせ中学時代の同級生と結婚へ!
熊田曜子が亀田興毅V1戦でラウンドガールに!! 興毅自らスカウト!!
亀田4兄妹、「ボクシングより緊張した」と町人役で時代劇デビュー!!
注目ワード
【人物】
亀田興毅
【キーワード】
夕刊フジ 亀田興毅 ボクシング 亀田史郎 暴言 処分 亀田 日本 東日本 禁止 シン 問題 自宅 追放
【ニュースカテゴリ】
不祥事 暴言
出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau