清原和博に覚せい剤売った「群馬のシャブばばあ」とは!? 親子揃って薬物売人!
(02/18)

覚せい剤取締法違反で逮捕された元プロ野球選手・清原和博をめぐって、彼が一体どういったルートで違法薬物を入手していたのか捜査が進められている。

通常、薬物依存者は入手ルートについての供述を拒むケースが多く、そういう人物ほど再犯の恐れが高い。経路を警察にバラしてしまうと、彼らも捕まってしまい、自身が出所後に薬物を購入できなくなるからだ。
案の定、10年以上前から薬物に手を付けていたとされる清原和博も未だに入手ルートを供述しようとせず、捜査は横ばい状態。そんな中、群馬県に住むとある親子の動向が注目されている。

覚せい剤の入手先として浮上したのが、群馬県在住の60代女性、通称"シャブばばあ"。同県に住む複数の暴力団関係者と愛人関係になるうちに、麻薬の密売で生計を立てるようになったという。
スポーツ紙の報道では、薬物売買によって得た金銭で同県内に自宅を建てており、清原和博がそこに出向いて薬物を購入していた。ただし、警察にバレぬよう、取引場所を毎回変えたり、"手下"として彼女の息子が取引に赴くなど、工夫を凝らしていたという。

ところが先日、事態は急変。群馬県に住む40代の男性を、清原和博に覚せい剤0.2gを4万円で売買した疑いっで警察が逮捕したのだ。この男は捜査に対し「まったく知らない」と容疑を否認しているが、調べにより母親である60代女性密売人の息子だと判明。
二人が親子である可能性が高まり、現在行方をくらましている"シャブばばあ"を警察は全力で捜索中だ。

もし彼女が御用となれば、清原和博の薬物入手ルートや暴力団との繋がりが一気に解明されるかもしれない。(柳井)


関連ニュース
清原和博に覚醒剤売った小林和之氏が告白! プロ野球選手がシャブ漬けになった一部始終!
芸能人が入り浸る「薬物レストラン」が渋谷で極秘営業!?
清原の次は超大物司会者が薬物逮捕!? シャブ仲間と噂の人物の存在!
清原和博の舎弟・元木大介が雲隠れ!? 逮捕後に全く姿を見せない理由!
清原和博、長渕剛とも2年前に絶縁していた! 覚せい剤の影響で交友途絶える!
注目ワード
【人物】
清原和博
【キーワード】
清原和博 覚せい剤 群馬 シャブババア 逮捕 関係 群馬県 息子 清原 暴力団 暴力 薬物 シャブ 警察 彼女
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau