清原和博に覚醒剤売った小林和之氏が告白! プロ野球選手がシャブ漬けになった一部始終!

覚せい剤所持及び使用の容疑で逮捕された元プロ野球選手・清原和博にクスリを売った張本人であり、自身も懲役3年・執行猶予5年の判決を受けた小林和之氏が、『週刊新潮』のインタビューに応じ、清原和博に薬物を密売した一部始終について告白した。

両者の最初の出会いは、2014年8月、ザ・リッツ・カールトン東京だった。小林和之が先に部屋で待っていると、彼の知人である男性と一緒に清原和博が現れた。そこで、彼がガラスパイプと1グラム入りシャブを3つか4つ渡し、すぐに吸い始めたという。

小林和之と当該男性は、かつて刑務所内で知り合い、同じ歳という境遇も相俟って、出所後も交流を持つようになったそう。男性は以前から清原和博と関係を持っており、2014年春、10年間連絡が途絶えていたにも関わらず、突然電話で、「久しぶり。もう、誰もおらんねん」と薬物を売って欲しいと連絡があった。そして、小林和之を通じて、薬物売買が行われる場が設けられた。

それから暫くの間、三者の間で売買が交わされたが、男性がシャブ代をボッタクっていることが判明。次第に小林和之は彼と距離を置き、清原和博と直接売買をしようと話を持ちかけた。
小林和之は群馬県在住。清原和博が愛車のベンツを走らせて、東北自動車道の佐野藤岡インターチェンジ辺りで待ち合わせ、金銭と引き換えに薬物を受け取った。時折、その場で吸い始めたり、2人一緒にラブホテルで味見することもあったという。

清原和博は月1回のペースで群馬県までシャブ購入目的で訪れた。小林和之は、"離婚記念"としてサイン入りバットを貰ったという。そしていつも通り、2人で部屋でシャブを吸った。
いつしか彼は、「こうやって、東京から離れて吸っているときが一番リラックスできます」なんて言葉を漏らすように。その頃には、清原和博は"シャブ漬け"状態に陥っていたと言って良い。

小林和之はこれまでに、約300回分の薬物を清原和博は渡してきた。元プロ野球選手が有罪判決を受けてから約5ヶ月、家族が離れるのも、テレビ業界が関係を断絶するのも、全て正当と言える経緯の一部始終が明かされた。
我々の想像以上に、清原和博は薬物に溺れていた。今となっては時既に遅しだが、誰か彼を止める者はいなかったのか。(船越)


関連ニュース
芸能人が入り浸る「薬物レストラン」が渋谷で極秘営業!?
清原の次は超大物司会者が薬物逮捕!? シャブ仲間と噂の人物の存在!
清原和博に覚せい剤売った「群馬のシャブばばあ」とは!? 親子揃って薬物売人!
清原和博の舎弟・元木大介が雲隠れ!? 逮捕後に全く姿を見せない理由!
清原和博、長渕剛とも2年前に絶縁していた! 覚せい剤の影響で交友途絶える!
注目ワード
【人物】
清原和博
【キーワード】
清原和博 覚醒剤 逮捕 小林和之 群馬 薬物 プロ野球 群馬県
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau