織田裕二のパクリ演技を隠すTBSの秘策!? スタッフからの評判最悪!
(10/29)

織田裕二主演のTBS系ドラマ『IQ246』が、初回13.1%、第2話12.4%と好調なスタートを切った。ディーン・フジオカや土屋太鳳など旬な役者を脇に従え、生まれながらに天才的な頭脳を持つ主人公が数々の難事件を解決するストーリーだ。
出だし順調な同作であるが、一方で局内や制作スタッフからの評判は良くないという。『まいじつ』が報じた。

「初回放送で、まるで『相棒』の水谷豊と、『古畑任三郎』の田村正和を足したような妙な演技が放送されると、インターネット上は騒然となりました。ですが、撮影前にこの役を作り上げてきた織田には誰も文句を言えませんでした」(TBS関係者:まいじつ)

織田裕二の演技が、他の名作ドラマを真似たようなものとなっており、視聴者にも一目瞭然。特に『相棒』の杉下右京にそっくりだと指摘する意見が多く、何故このような役作りをしたのか、疑問を呈する声も多い。
しかし、彼が自信をもって演じるこのキャラクターを周囲は否定できず、案の定物議を醸している。
TBSは、なんとか織田裕二の"パクリ感"を薄めようと、とある策を練っているとか。

「事前のPR番組でも、スタッフはあまり織田の演技が目立たないように、苦労して編集していました。今後もその方針で行くようです。もちろん、織田本人にはそんなことを伝えられませんが・・・」(同)

土屋太鳳は『王様のブランチ』に出演した際、織田裕二はカメラが回っていないところでも役柄に入り込んでいると話した。つまり、彼が四六時中、この謎めいたキャラを貫いているのである。言わずもがな、絡みづらくて仕方がないはず。
話が進むにつれて、演技だけでなく台詞までパクリ始めたりして・・・・。(船越)


関連ニュース
織田裕二と坂上忍が共演NG! 度重なる呼び捨てで険悪ムードに!
「東京ラブストーリー」が待望の再放送! 当時30%超えドラマ、現在の注目度は?
織田裕二、主演ドラマが視聴率3%台! ゴールデン帯大爆死でもう主演は無理!?
織田裕二が「相棒」の杉下右京を丸パクリ!? 演技が不自然すぎると話題に!
陣内孝則が嫌いな芸能人は織田裕二! あの性格を受け付けない!?
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
織田裕二
【キーワード】
織田裕二 TBS IQ246 演技 水谷豊 織田ゆうじ 織田裕司
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau