X JAPANの復活公演は大混乱!開演大遅延にYOSHIKI昏倒!?
(03/29)

X JAPANの復活公演「攻撃再開2008 I.V. 〜破滅に向かって〜」が28日、東京ドームで開催された。

97年12月31日の解散公演以来、10年強ぶり。再結成興行としては異例の3日連続公演に、初日から約5万人が集まった。

しかし、開演は約2時間20分遅れ、ドラムスのYOSHIKI(年齢非公表)が倒れて終演となるなど波乱含みだった。

“機材トラブルなどのため”予定より開演が約2時間20分遅れたという。

このライブを生中継していたWOWOWは、開演が遅れたこの二時間、延々と客席を映し出していた。この“放送事故”には視聴者からの問い合わせが寄せられるなどの混乱があった。

しかし、この遅延の真相については、TOSHIが開演冒頭のMCで「だいぶ待たせて申し訳なかったな。YOSHIKIがちょっと遅れたぜ!!」と、大遅延の理由がYOSHIKIの遅刻だったことを暴露。

しかし、“政治銘柄”でもあるX JAPANのトラブルとあってか、大半のメディアはYOSHIKIの遅刻とWOWOWの“放送事故”については触れていない。

そのYOSHIKIは、国内ステージでは解散ステージ以来となるドラムス演奏を披露。開演30分でいきなりドラムを破壊するおなじみの場面も。

また、YOSHIKIのかねての公約通り、hideも“復活”。生前の姿が、ホログラムによる立体映像でステージに登場した。

また、大遅延したステージは、最後も波乱含み。

YOSHIKIがステージに倒れ込み、予定の13曲を8曲で終了することになった。

そのとき、開演から2時間足らずの午後10時40分。

しかし、このYOSHIKIの昏倒には、様々な“大人の事情”が絡んだ“演出”では? という見方もある。

というのも、会場の東京ドームは、コンサートには午後9時30分の終演規制をつけているのだ。

開演の遅れを、内容の短縮でカバーしたのでは? というのはそのへんだ。

もちろん“政治銘柄”のX JAPANとあって? そういった報道はほとんどされていない。(淺川)


関連ニュース
XTAIJI、生前から奇行絶えなかった!? エスカレートする行動とは!?
元XのTAIJI、一時はホームレス状態だった!? 盟友・YOSHIKIらがコメント発表!
【訃報】元「X」沢田泰司さん、サイパンで死去…。
元Xのベーシスト・沢田泰司がサイパンで逮捕後、自殺未遂
X JAPANToshiソロプロジェクトでもデビューへ!!
注目ワード
【人物】
X JAPAN
【キーワード】
X JAPAN YOSHIKI TOSHI hide 復活 放送 放送事故 遅刻 政治 遅延 WOWOW 解散 事故
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau