大塚範一白血病で「めざましテレビ」を当面休養! 電話出演で心境を告白!
(11/07)

朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)の司会を務める大塚範一キャスター(おおつかのりかず=63)が、「急性リンパ性白血病」のため当面の間休養することが6日、分かった。

大塚キャスターは10月末、たまたま首に触れた際にしこりのようなものを感じたため、かかりつけの病院で血液検査を受診。
異常が見つかったため精密検査をしたところ、急性リンパ性白血病であることが判明したという。

大塚キャスターは今月2日より、体調不良を理由に番組を休養。
現在は都内の病院に入院中し、抗がん剤を用いた化学療法を受ける準備に入っているとのこと。
すでに首のリンパの腫れは引いており、元気な表情を見せているという。

フジテレビ側は復帰次期について、
「月単位の治療を行う予定で、時期は未定です」
とコメント。
当面の間は同局の伊藤利尋アナウンサー(いとうとしひろ=39)が代役を務める。

東京都江戸川区出身の大塚キャスターは早稲田大学政治経済学部を卒業後、永谷園での営業職を経て、1973年にNHKへ入局。
広島、高松、名古屋と13年間の地方局勤務を経て、1984年に東京へ移り、スポーツ中継などを中心に活躍した。
1994年3月にNHKを退局し、同4月より『めざましテレビ』の司会を担当。
的確なアナウンス力と明るい笑顔で、17年以上もの間、フジテレビの朝の顔を担ってきた。

大塚キャスターはこの日の『めざましテレビ』に、入院先の病院から電話で生出演。
「どうもお休みをいただきまして申し訳ありません。あっという間の入院で、もう6日目になります」
と状況を報告し、
「今日から抗がん剤を入れていきます。厳しい治療になることもあるそうで、暗い気持ちになることもあります。今は元気ですのでギャップが大きいですね」
と率直な心境を明かした。

ただ、声は普段と変わらず元気な様子で、生野陽子アナウンサー(しょうのようこ=27)から、
「今、何が欲しいですか?」
と問われると、
「元気が欲しい。(お見舞いは)若い女性がいい」
と冗談を言う場面も。
さらに、
「めざましのMCとしては笑顔で克服していくしかない。自分の人生を反省しながら、新しいめざましをつくりたい。しばらくお待ち下さい」
と視聴者に呼びかけ、完全復活を約束していた。(伊原)


関連ニュース
アゲるテレビ視聴率低迷打ち切り目前…大塚範一頼みが露呈!?
大塚範一、白血病再発で新番組出演見合わせ! 代役は「知りたがり!」のあの人!?
西尾由佳理&大塚範一の仲は最悪!? 態度の悪くてパートナーとして信用できない!?
大塚範一、退院も「めざまし」復帰は絶望的!? フジが抱える問題とは?
大塚範一が退院後初のテレビ出演も変わり果てた姿に心配の声!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
大塚範一
【キーワード】
大塚範一 白血病 めざましテレビ 休養 入院 治療 東京 検査 めざまし テレビ 大塚 司会 病院 大塚範一アナ フジテレビ 大塚さん 大塚アナウンサー めざまし大塚さん めざまし大塚 大塚さん
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau